アイロンビーズ地獄変 〜今宵Darts et Barでシャンパンを〜

アイロンビーズアドベントカレンダー、22日目の記事になります。

「記事になりますはいいですけど、作品はできているのですか?博士」

前回に引き続き、今回も助手をつとめてくださるアイロンビーズの女王Ringoさん(以降R)ではないですか。私が博士でRさんが助手というのも逆な気がしますが、気にしない。

えーと、作品ですね?できておりますとも。はい、どーぞ!

R「・・・これはまさか」

はい、前回教わったマスキングテープを駆使しまして、ちょっとリアルめなシルエット黒猫さんを作ってみました。そのまさかで、つい先日あっち側に行ったウチのマチコさん。猫背と尻尾が我ながらソックリ。

ほら、こんな感じで生前にいつもいた階段に置いてみましたのよ。

R「これ、お母様に見せたりしました(๑´ㅂ`๑)?」

もちろんですとも。さすがマイマザー、芸術がわかると見えて、涙が出るほど感銘を受けてくれたみたい・・・

( ‘д’⊂ 彡☆))Д´) パーン

(  ’-‘ )ノ)`-‘ )ボコッ

R「ペットロスで弱ってる人にこんなもん見せるヤツがあるかー!えーい、無駄にデキがいいから腹が立つ(ꐦ°᷄罒°᷅)!ボツです、ボツ!!」

・・・グーパンチまで飛んでくるとは思っていませんでした。天龍か、この人・・はい、ではさっきのはナシで。でもほら、ちゃんと別の作品も途中まで作ってあるのですよ。

R「あら、サムライ地獄の密江さん壇蜜さんソックリで美人ですよねー。大好きです。♡ˆ⌣ˆԅ)やだもぉ、前回の落ち武者は伏線だったんですね?さすが博士」

原画の方の熟女への執念を感じますよね。次回はぜひ石田ゆり子様を描いていただきたい。

えーと、ほんのちょっと隙間を埋めて、マスキングテープを貼って、アイロンをかけるだけですので少々お待ちを。まずテープをベベーっと・・・

R「あ、そんな手荒にやったら・・」

わーーー!!

R「ぎゃーーー!!」

エラエラエラエラいことになりましたがががが

R「落ちついて並べなおして・・・!」

落ちつくんだ・・・ビーズを並べて落ちつくんだ・・・ふー、なんとか元に戻った。なんだかマスキングテープは怖くなってしまったので、このままアイロンをかけてしまいましょう。

R「そうでないと私の心臓も持ちません・・_:(´ཀ`」 ∠):_」

ぷしゅー。

あれ、おかしいな。みるみるビーズが溶けていく・・・

R「博士!アイロン!設定が高温になってる!!!」

ぎゃーー!!

R「・・・写真を公開できないほど無残な状態になりましたね(๑´ㅂ`๑)」

うーむ、やはり私にはパーラービーズは無理なのか・・・!

R「どうします?しれっと私の過去作品を出して、博士が作ったことにします?」

いや、アイロンビーザーはピンチの時ほどふてぶてしく笑う!

R「えっ、前々回逆転裁判ビーズが伏線・・?」

というわけで、ここにミニフューズビーズを並べ終えた密江さんがいらっしゃいます。

R「・・・アイロンでミスするつもりバッチリだったのですね。次善の策を用意してあるんだもんなあ・・•́ω•̀)」

まあまあ、そこは気にしないで・・ちょいちょいとアイロンをかけて、はい、上手にできましたー。

R「ミニフューズビーズだと極端に手際がいいですね、博士」

実は今回、パーラービーズで自立する密江さん頭部を作って、飲み屋のカウンターに置かせてもらって「どんな店に行っても密江ママと飲める」新兵器を開発した!とやる予定だったのです。

R「・・・腰が抜けるほどくだらないですが、ミニフューズで自立は難しいですよね。どうするんですか?」

問題はそこなのです。どうしようか、寝ながら悩んだ結果・・・

R「結果は?」

このように、ワインクーラーにS字フックをひっかけます。

R「ごめんなさい。なんとなくわかっちゃいました」

密江さんにお酌してもらう気になるワインクーラー飾り!!これで自宅が地獄のバー、Darts et Bar」に変身!密江さんはDarts et Barのママという公式設定が。

R「Darts et Bar・・・なるほどー、密江さんて奪衣婆だったのですね。あの人に脱げと言われたらみんな喜んで脱ぐでしょう・・ハッ(*゚0゚)」

どうしました?

R「密江さんだけでは足りないのでは?やはりここはイケメンも投入しないと、老若男女誰もがお酒を楽しめませんよ」

・・・と思うでしょう?というわけで、ただいま超特急でビーズを並べていますので、ボールをゴールへドーンと入れるとか、素数を並べて落ちつくかしてお待ちください。

R「あっ、やっぱりサムライ地獄なんですね!イケメン忍者霧丸さん(●´艸`●)」

かっこいいでしょう?原作者の方に使用許諾を得ようと連絡を取りましたところ、「なぜ聞くの?」と逆に聞かれたあげくに元絵まで送っていただいたのです。ではちょいちょいとアイロンがけして・・

ほーらできた!ではワインクーラーに飾ってみましょう。

R「霧丸さん最大のチャームポイント、胸筋があまり見えない!(๑˘・з・˘)ブ-」

密江さんとの大きさのバランスや、ビーズを並べるめんどくささとか諸事情がありまして・・でもほら、髪の毛の大半はミニフューズビーズの新色を使用!なかなか良い色ではないですか?

R「あ、ホントだー。初めて博士っぽいことしましたね!」

R「しかも博士の作品のくせにかっこいい!元のドット絵がいいのですね」

放っておいてください。よし、アドベントカレンダー用のモノもこれで無事完成かな?

R「そうでした。博士、これってアドベントカレンダーの記事ですよね(๑´ㅂ`๑)。クリスマス成分は?」

・・・うん、ない。これで今年3回目の記事だというのに一切ない。クリスマス無果汁。

R「それならほら、ワインクーラーにクリスマス的なお酒を入れたらどうですか?シャンパンとかスパーリングワインとか」

なるほどー。密江さんだから日本酒を入れようと思っていましたが、シャンパンとかならクリスマス感漂いますね!一本くらい冷蔵庫にあったような・・ああ、これだこれだ。

・・・あれれ?ビンが太くて入りませんね。

R「・・・(つд⊂)ゴシゴシ(ドンペリにしか見えない)・・・博士、それはどうしたのですか?」

出入りの酒屋さんにクリスマスっぽい酒をテキトーに持ってこいと言ったら持ってきたのです。大げさな箱に入っていましたが、有名なヤツなんですか?日本酒と泡盛しか飲まないので、この辺はよくわからないのです。

R「・・・(こ、これはイケる)・・そうですね、それはそこそこ有名なヤツなんですけど、日本のクリスマスといったらこれだ!ってメジャーなスパークリングなんちゃらがあるんですよ!(息子用に)買っておいたのがありますので、ほら、こちらをどうぞ」

まあ、きれいな袋に入っているではないですか!どれどれ?ワインクーラーにインサート!

わーい、ジャストサイズじゃないですか!やったー!!うん、クリスマスだーー!!

ではお酒を注いで、お二人を並べて一枚パチリ!よしよし、研究は成功だ!これも助手のおかげですね。

R「よかったですねー。では私はえーとその、ちょっと用事ができたので帰りますね。そうそう、このワインクーラーに入らないお酒は私の方で処分しておきますから」

親切な人だなあ。なにからなにまですみませんね。

R「いえいえ、お気になさらず。では良いクリスマスを〜」ΣΣΣ≡┏|*´・Д・|┛ダッシュ

あれ、乾杯しないのー?しかたない。助手がなぜかそそくさと帰ってしまったので、いただいたお酒で密江さんと完成記念の乾杯をするとしましょうか。

プロージット!!

ゴクゴク・・・ぎゃー!なんだこれ、サイダーじゃないか!しかもピーチ味ってなんだよ、ブドウ味ですらない!!おいこら、Ringo〜!!!

R「ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ(2回も助手をやらされたけど、最後に笑った(●´艸`●)!)」

長々と大変失礼いたしました。あと三日はちゃんと素晴らしい作品や記事が続くはずですので、お楽しみに!

 

今回参考にさせていただいたゲーム

真田丸ロスの方にもオススメ(?)なサムライ地獄 iOS版はこちら  Android版はこちら

他の方々が異常にレベルが高くて困るアイロンビーズアドベントカレンダーこちら

センセイ・オーヤマ について

PCゲーム黎明期の残党。機歴はX1C・PC88FRとFE2・PC98DSとDX。ゲーム機はサターンとドリキャスを偏愛。任天堂?知らない。(3DSは持ってる) WIZ1とコマンド打ち込みADVと「あの頃」のファルコムゲームが好き。 でも嫁はリリアでなく寧々さん。そして飼い主は森島先輩。
カテゴリー: ゲーム以外のお遊び, 古代ゲーマーオーヤマ タグ: , , , パーマリンク

コメントをお待ちしています。